公開履歴
    薬を持っている男性

    インフルエンザウイルスの脅威は、強力な感染力も脅威の1つですが、人の1000倍の確率で変異が引き起こされている事です。インフルエンザウイルスは、人間の二重鎖構造のDNAに対して一重鎖構造のRNAである為、ウイルスの増殖時に変異とよばれる遺伝子情報のミスコピーが発生頻度が非常に高く、1つのインフルエンザウイルスが1日で100万個になる脅威的なスピードで増殖する為、毎年の様にウイルスの抗原性連続変異が引き起こされ、何十年に1度のペースで引き起こされる抗原性不連続変異が発生します。抗原性不連続変異は、新型ウイルスを生み出しパンデミックが発生させ、過去にはスペインかぜやアジアかぜ、香港かぜなどのパンデミックにより数万人~数千万人の感染者が亡くなっています。新型ウイルスは、従来のワクチンが全く効かない為、新しいワクチンの製造に掛かる数カ月の間に世界的規模でパンデミックが発生すると危惧されています。現在では、グアテマラやペルーのコウモリ、南極のペンギンから新型のインフルエンザウイルスが発見され、A型ウイルスを分類する細胞膜上のスパイクの種類もヘマグルチニンHA18種類、ノイラミニダーゼNA11種類と増えています。新型インフルエンザウイルスの中には、ステルスウイルスと呼ばれワクチンが製造が出来ないインフルエンザウイルスもあります。ステルスウイルスは、H7N9と表記されるインフルエンザウイルスであり、ヒトのシアル酸受容体と結合する事で人の免疫システムから効果的にカモフラージュしてしまい、有効なワクチンの製造が出来ていない状態です。H7N9は、弱毒性のウイルスが人に感染する事で強毒性のウイルスに変異する初めてウイルスとしても警戒されています。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索